Send apples to Fukushima !

(日本語は下です。)

Apple pectin, one of the ingredients of apple reduce one’s internal exposure.

The researchers say that the apple pectine sticks some of the dusts that was exposed to radiation out of one’s body.

So, people should eat apples everyday particularly children in Fukushima,japan.

Please send apples for the children in Fukushima as Chrismas presents, If you could.

Off course,whenever you could that’s all right..


Please refer to

on page:37,38,39. and http://www.radiationexposuresociety.com/archives/910 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/5639

(動画リンク元:ドイツARD「放射能で汚染された土地」2016年3月12日 311akatuki

(動画リンク元:フランスFR3「フクシマ・地球規模の汚染へ」2014年3月12日 311akatuki

(リンク元: 内部被ばくを考える市民研究会)

(動画リンク元: 内部被ばくを考える市民研究会3月例会2012.3.17.)

 リンゴの成分の内のペクチンは、放射能で汚染された食べ物や飲み物を
取り込んだせいで起きる体内被曝を軽減する事ができます。
研究によると、ペクチンが汚染物質を吸着して体外へと
排出してくれる、との事。
(P37~39)

2011年11月11日(金曜日)に松本市でベラルーシ出身の医師が講演し地元紙の信濃毎日新聞にも掲載されましたが、

それにはペクチンについて言及がなかったので他を引用します。

医師講演 ペクチン

 

壮快記事壮快表紙
 壮快より引用。
女性自身記事女性自身表紙
女性自身より引用。
以下にインターネットより引用。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14745664

https://organicslant.com/radiation-protection-with-apple-pectin/

http://criticality.org/pectin-radiation-detoxifier/

 以上、インターネットより引用。
このように、リンゴを毎日食べた方が良い事がわかります。
特に福島に住む子供達は尚更です。
もし可能でしたら、福島の子供達へクリスマスプレゼントとして
リンゴをお送り頂ければありがたいと存じます。
もち論、クリスマスでなくても結構です。
お送り先などの情報は

NPO法人チェルノブイリ救援・中部 http://www.chernobyl-chubu-jp.org/

などへ各自でお問い合わせ頂くなどしてみて下さい。
(都合により対応できない場合もありそうですがご了承下さい。)

 

2018年10月26日(金)の時点でも、放射能汚染への警告が発せられています。
福島20シーベルト帰還できる英語新聞
福島子供や女性は帰還しないで国連人権l理事会
 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク(ほうきネット)  http://hokinet.jp/17.html
福島20シーベルト帰還できる
 福島県甲状腺がん29倍
福島甲状腺がん発生率50倍
 以下は、 杉浦 健一      4月6日 ·   より引用。

菊芋が放射能排出にとても有効!!!!

最近知りあったロシア人は20年前、砂利の採掘場で働いていたそうだ。
しらばく後、その採掘場の石にウラン鉱石が混ざっていたことが明らかになった。
採掘場は閉鎖され、全従業員が検査のため入院した。
一週間後、彼と彼の友人の2人だけが退院できた。彼らは被曝していなかったのだ。
彼の話では、彼ら以外の従業員のうち2年以上生き延びた人はいなかったという。
その理由は、彼が毎朝8時に採れたての菊芋を持って出勤していたからだそうだ。
菊芋はたまたま彼の家庭菜園に雑草のように生えていて、彼はその味が好きだった。
彼は職場で自分の菊芋を友人にも分けてあげていたので、友人も食べていたのだが、
友人が食べていた量は、彼が食べていた量よりは少なかった。
友人はその後、被曝の影響で肌の色素がなくなっていった。
いつも肌を焼こうとしていたけれど、ずっと白いままだったという。
それから20年経った頃、このロシア人は偶然開いた雑誌で、
菊芋には重金属や放射性核種を除去する作用があるという記事を見つけたという。

〈チェルノブイリでも汚染されなかった奇跡の除染食材「菊芋」〉

先月、ベラルーシ「ベラルド放射能安全研究所」のウラジミール・バネンコ副所長が来日し、チェルノブイリ原発事故後の放射性汚染の調査・研究結果の講演を行った。そこで、「菊芋」をこう紹介したという。
「放射能汚染地域で菊芋を栽培しても、根っこの部分にも、葉にも茎にも放射能は溜まっていなかった。また、ビタミンとペクチンが豊富に含まれています。安全な食材のひとつです」
チェルノブイリの土壌環境でも放射性物質を吸収しなかったこの食材。放射能を吸収しないだけでなく、排出にも役立つようだ。
ペクチンは、放射性物質の排出に役立つとされている“内部被ばく防止食”として知られている。さらにこの菊芋は体内の放射性物質を減らすとされる成分『イヌリン』まで含んでいるという。まさに奇跡の除染食材として注目を集めているのだ。

金玉カフェ店員ブログ |『菊芋』の効能 http://sokaimura.blog.fc2.com/blog-entry-375.html

 杉浦 健一      4月6日 ·  

より引用終わり。

 

福島沖のシロメバルから自主基準超の放射性物質!静岡産のアンズタケから150ベクレル、群馬の熊も500ベクレル

情報速報ドットコムより引用

 

 

被災地リンゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>